私、占い師やねんでぇ

占星術師です。金融占星術も現在研究中。心理学やビジネス書の本など自分が読んだ本の紹介もしています

私が退職を決意した日

うわぁ、ウケる🤣

 

この度、私 mihoは、パートを辞める運びとなりました。

 

年収130万円以内、いわゆる健康保険の扶養の範囲内での仕事を希望し、入社の面接の際にその旨をお伝えし、了承を取ったにも関わらず、現場の人には「聞いてないよぉ」と言われ・・・

 

それでも現場の方々のご好意で、出勤日を調整して働いてはみたものの、やはり他の方への負担が大きいことが分かったため、退職を決意しました。

 

 

・・・で?

 

それのどこがウケるん? 

てか、オチは?

 

あ、それ、関西人に言うたらアカンやつっ!!(・・・て知らんけどな)

 

実はですね、決意したその日は10月25日。満月の日。

 

horoscope.kkmaestro.com

 

満月の日は「願望成就」や「手放す」という意味もあるようで、私は急遽「手放す」ことになったのです。

 

ずっと仕事を「続ける」か「辞める」か悩んでいたんですよね。

 

やっている仕事自体は好きなんですが、好きであるが故に働く時間が少ないのも、それに関わることを勉強する時間が取れないことにもモヤモヤしていて、で、もっと「占星術」を勉強したい!と思っているのに、そちらの方もなかなか時間が取れずにいてて

 

ああ、私って中途半端。

 

て嘆いていたのが、一夜にして辞めることを決心。

 

私は満月に背中を押された訳です。

 

決心した途端、高揚感!

 

 

翌日早速課長に申し出ました!

…引き留めやがんの_| ̄|○

 

人手不足の世の中ですからね。

 

でもお願い、気持ち良く辞めさせて!

 

 

 

 

米津玄師さんの歌って魚座っぽくね?

mihoです。

 

米津玄師さん、好きです。

 

娘に教えてもらってずっと聴いてはいたんですが、止めを刺されたのは『アンナチュラル』というドラマで流れていた『lemon』という曲。

ドラマも好きだったから、未だに外出先の有線で流れてくると動きが止まってしまう自分がいます。

 

さて、米津さんの『アイネクライネ』という曲の中の歌詞で

 

誰かの居場所を奪い生きるくらいならばもう あたしは石ころにでもなれたらいいな

 

これをYouTubeで見た時には「おいおい、待て待て」と心で突っ込み入れてしまいましたわ。

 

そんな生ぬるいこと言ってると、悪意ある女の巧妙な涙の演技に騙されて自分の男奪われてまうでぇ

 

でも、この自己犠牲のフレーズ、魚座っぽいなぁと思い、米津玄師さんのホロスコープに興味が湧いたので調べてみました。

f:id:mihohappy:20181021111542p:plain

nekomata's tarot page メインページ

 

1991年3月10日生まれ。誕生日、私と一緒やん!! 

というかやっぱ魚座やん!!

 

月星座は山羊座。山羊座に3つ天体が入ってます。

私が米津さんの歌で感じる透明感ってここから来てるのかな?

 

太陽魚座と冥王星蠍座、海王星山羊座の小三角はアーティスト活動を邁進するのにピッタリな、ファンにとっては嬉しい配置です。

 

同じ誕生日ということで、一方的に親しみを覚えたmihoでした。

魚座男子 。・゜・(ノД`)・゜・。

飲み屋での通りすがりの男性のお話。

 

元嫁に養育されている5歳の息子が大好きで、その息子に会う時は元嫁とも一緒に会うらしくて、息子と手を繋ぐと、その反対の手は元嫁が握っていて、はた目には仲のいい家族みたいで、

だから、もし彼女を作って「もう息子さんとは会わないで」って懇願されると申し訳ないからと彼女を作らず。

 

息子さんにお父さんは別の家の人って寂しい思いをさせたくないからと再婚も考えていないらしい。

 

でも

自分で決めた事なんだけれども とても寂しい。

 

友人達もそれぞれに家族がいてて、自分に構ってもらうのは心苦しい。

 

・・・と管巻いてました。

 

う、魚座男子!!

 

自己犠牲を厭わない魚座♓️

 

でも自己犠牲を厭わないと言っても、人間だもの。

寂しいに決まってるよ。

 

愛溢れる水星座なのに、愛ゆえに愛を諦める。

 

幸せになって欲しい。

子どもって神様から頂いた苗木のようなものかな?と思う

mihoです。

 

子どもって神様から頂いた苗木のようなものかな?と。

 

赤ちゃんという苗を手に入れて・・・

とりあえず土に埋めて水を遣る。

 

「野菜だったらいいのにな・・・」

「大きな木になって果物がなるに違いない」

「花かな?」

 

肥沃な土を好むもの。少しの水で大丈夫なもの。日向を好むもの。

 

水を遣りすぎると根腐れするのに気づかずにせっせと水を遣る者。

肥料がなくて弱っているのに放置しっぱなしの者。

 

葉っぱを見れば元気がないことぐらい分かるはずなのに。 

 

 

 

 植物だったら分かりやすいのに、人間だと分かりにくい。

 

元SMAPの『世界に一つだけの花』という歌が皆に歌われるほどに、日本は個性に不寛容だ。

だから人は恋をするのかな

mihoです。

 

確証とかそんなものはなくて、ただぼんやりとだけど感じたこと。

 

自分が欲しくて、でも親から与えられなかった愛を求めて、人は恋するのかなって。

 

私は母親として一生懸命子どもに愛情を注いでいるつもりではいるのだが、私の思うようには伝わっていないというか、子どもの欲している愛とは違うのではないかという違和感を時々感じる。

 

私自身振り返ると実家ではずっと「しっかり者で優秀なお姉ちゃん」をやっていた。

でも夫は私より7歳年上ということもあってか私を可愛がってくれた。

独身の時は気付かなかったけど、結婚して夫と暮らしていてようやく気付いたのは

 

私、甘やかされたかったんだな ということ。

 

あ、でも違うかな。

「恋」は占星術では金星や火星の領域。

「父親」「母親」は太陽や月の領域。そして太陽や月は「夫」や「妻」も表す。

 

「だから人は恋をするのかな」

 

ではなくて

 

「だから人は『人生のパートナー』を求めるのかな」かもしれないな。

 

ちょっと結論がぼんやりだけど、今日はこのへんで。

 

 

 

事実を「自分の色眼鏡」を通して見て、勝手にショックを受けているだけ。

mihoです。

 

なつちゃんのブログで私が再登場!

自分が一番、自分に「現実見なよ」と言ってくる。 - なにか書きたい。

 

で、そういえばこの事についてブログを書いたものの出すタイミングを逸してお蔵入りしてたな・・・と思い出したので上げます。


natts.hatenablog.com

まあまあ、なっちゃん、泣くな、泣くな。まずは落ち着こう。

 

私が読者登録させて頂いている、なつちゃん。

出来れば上記ブログを読んでから私のブログに戻ってきて下されば幸いなのですが、

ざっくりまとめさせて頂きますと

『30歳になったばかりの女性に「お見合いの話」が何件か来たのだが、その中には40代男性からの申し込みがあり、自分の市場価値はその程度なのか!と泣くほどショックを受けている』の巻なのです。

 

彼女はとってもショックを受けているのですが、別にねお見合いババアに「あなたももういい年だから・・・」みたいなことを言われた訳ではないの。

 

事実はただ一つ。「10歳以上年の離れた男性を紹介された」だけ。

 

私が拝見した限りでは、

男性は「あわよくば年下の嫁を・・・」「ダメ元で年下女性にトライ」

そして見合いババアは「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」だし、

 

見合いババア お見合いをお世話して下さった方は、所詮男性サイドの人間なので男性側からとても感謝されるような人選をしただけなんです。(女性とは交流がないのでそちらへの肩入れは一切なし)

 

ちょっと厳しい言い方をすれば、30歳になった自分に価値がないと思い込んでいるのは

なつちゃん本人。

 そんな彼女のフィルターを通して見た事実だから「しょせんお前はその程度」という事実に見える。

 

でも私からの視点では「申し込んで、受けてもらえればラッキー♪」と思っている男性陣にしか見えないし、なつちゃんをバカにしているとは感じられないのです。

 

だから

「お見合いを申し込むのは相手の自由だし、受けるか受けないかはこちらの自由」

「宝くじは買わないと当たらないもんね♪」

と気分を切り替えてお断りすればいいだけだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

未来の自分が現在の自分を作っている

mihoです。

 

スピリチュアルを勉強していると、自分で消化しきれないことに出会います。

それが表題の

未来の自分が現在の自分を作っている

 

しばらく理解できませんでしたね。

いやいやいや、過去の積み重ねが現在なんだから、未来の自分を作っているのは現在の私でしょ?

 

でもある日、自分も同じ意味合いの言葉を口にしていることに気付きました

先ずはゴール設定をせよ!

 

私はいつもそう言ってます。

大学受験でも私学か国公立かで対策が違うのはもちろん、各学校毎の傾向に合わせて受験対策をしていくでしょ?

それには先ず受験校という目指すゴールを設定しないと始まらない。

 

これって、「〇〇大学の大学生」という未来の自分が、現在の「勉強している」自分を作り上げていない?

 

この解釈だと整合性が取れてない話も出てくるかも知れませんが、まあこんな感じかなっと。

 

ではまた