私、占い師やねんでぇ

占星術師です。金融占星術も現在研究中。心理学やビジネス書の本など自分が読んだ本の紹介もしています

月星座が分かると心が軽くなるよ♪ それに日常の人間観察に応用が利くしね

mihoです。

 

 

今日は私のお薦めの本をご紹介します。

松村潔先生の「月星座 占星術入門」です。

 

以前の記事の中で、自分の月星座を知って私の心が軽くなったお話をさせていただきました 

 
www.mihohappy.net

 



この本では巻末に自分の月星座の早見表があります。

 

月は一つの星座(サインというのですが)に、だいたい2日と半日とどまるのですが、出生時間が分からないとどちらの星座(サイン)になるのか正確には分かりません。

ちょっと乱暴な話ですが、その2つの星座(サイン)の性質を読んで、近い方を選択するしかありません。

 

世に言う星占いとは「太陽星座」のことで、「意識して頑張っている自分」なんです。一方「月星座」の方は「無意識の自分」なので、いわゆる「素の自分」です。

 

この太陽星座と月星座というものを知っているだけでも、人間観察の土台に役立ちますよ。

 

www.mihohappy.net

 

とあるグループで、月星座が蟹座の女性がいました。

その彼女は、グループ内で特に親しくしてる男友達がいたのですが、その男性がうっかり他の女性を傷つけるような行動を取ったんです。

傍からみても、その男性が悪いのですが、彼女は一生懸命その男性を庇って、ややもすれば、その傷つけられた女性が悪いかのような話し方さえしていました。

 

月星座蟹座の方は『自分の仲間には優しくても、仲間でない人には冷淡かも』とあります。

 

そういう目で彼女を見ていると、彼女の判断基準は「やった事がいい事か悪い事か」ではなく、「自分の好きな人(自分が仲間だと思う人)か否か」でした。

 

そうやって私はその人への気持ちの落としどころを探していました。

 

それではまた