私、占い師やねんでぇ

占星術師です。金融占星術も現在研究中。心理学やビジネス書の本など自分が読んだ本の紹介もしています

褒める時はショートセンテンスで

mihoです。

今回は私なりの、人を褒める時のポイントをお話ししたいと思います。

 

 

良かれと思ってダラダラ褒めたら相手が去って行った

私が昔やらかしたことです。

その方の手作り作品が可愛くて「これ、素敵ですね」と声を掛けたんです。

自分が感じたことを良かれと思ってアレコレ挙げていたのですが、却って相手の方を怒らせたことがありました。

後から思えば、何だか「褒め殺し」みたいになってしまったんです。

 

今度は自分がダラダラ褒められたのだが

これは最近でしたが、逆にダラダラと褒められたんです。

苦痛でしたね!

 

あの時のあの人(上のエピソードの方)本当ごめんよ。

 

その人は一生懸命褒めてくれてるんだけど、段々

「お前はそんなことも出来んのか!!!」

と腹立ってきましたもん。

 

思うに長々と褒める人は相手に媚びているんじゃなかろうか?

昔の自分を掘り起こして考えてみての結論です。

媚びが見えるとうっとおしい。

 

溢れる思いがあるかもしれませんが、一撃必殺、短い言葉で褒めましょう。

その方が相手への純粋な思いが伝わります。

 

それではまた