私、占い師やねんでぇ

占星術師です。金融占星術も現在研究中。心理学やビジネス書の本など自分が読んだ本の紹介もしています

ナウシカはいない!噛み付いたら嫌われるだけ

mihoです。

 

潜在意識の勉強をしていると、残酷だなと思う。

 
だって過去に嫌な事があって、もう傷付きたくないだけなのに、そんな自分だって幸せになりたいのに、なのに
 
あなたがその(不幸な)状態を望んでいるのです
 
みたいな事を言われる訳なんです。
 

ジブリの名作『風の谷のナウシカ』の一場面で、怯えているリスのような小動物(テトと名付けられます)が主人公のナウシカの指に噛み付くんです。
でもナウシカはその小動物が自分に怯えてるのを知っていて、自分が敵ではないという事を理解してくれるまで、噛み付かれたまま耐えるシーンがあります。
 
傷付いた人はそんなナウシカを求めているんだよね?
 
でもさ、自分をナウシカの立場に置き換えてみ。
 
可哀想って折角手を差し伸べてるのに、噛み付いてくるんだよ?
 
あーあー、分かったよ。悪うござんした。そんなに傷付きたいのなら望み通りに傷付けてやんよ
 
…てなるよ、だってナウシカみたいに優しくないもん。
 
今、目の前にいる人は、あなたを傷付けた人ではない。
あなたは過去に傷付けられたかもしれない。
でもあなたは決して傷付けてもいい人ではない。
そんな軽い存在じゃない。
 
・・・難しいよね。
 
それではまた