私、占い師やねんでぇ

占星術師です。金融占星術も現在研究中。心理学やビジネス書の本など自分が読んだ本の紹介もしています

私、おっちょこちょいだったけど、いつの間にか治ってる件

mihoです。

こうやってブログを書こうと無い知恵絞っていると・・・ポロッと出てきました。

 

私、おっちょこちょいが治ってる!!

 

 

10代後半の頃、めちゃくちゃおっちょこちょいで、レストランのバイトでもグラスをしょっちゅう落としては割ってました。

 

で、そこの店長に「処女でなくなれば、そのおっちょこちょいも治る」とか言われて、なんか迫られてました

(後日、オーナーの愛人(女性)がそのお店を取り仕切ることになって、おっちょこちょいの私は辞めさせられました)

 

まあ処女うんぬんは置いといて、その頃の私は自分に自信が全くありませんでした。

 

いわゆる「卵が先か、鶏が先か」

自信がないから挙動不審になっておっちょこちょいになるのか、おっちょこちょいだから自信がなくなるのか。

 

でも、その頃の私は

わぁー、またグラスを割ってしまった(泣)

とは思っても

 

どういった場面でグラスを割るんだろうと現状把握したり

どうしたらグラスを割らなくなるんだろうと改善案を考えたりしようとは思い付きませんでした。ただただ嘆いていただけ。

 

嘆いたり、自己嫌悪に陥ったりするのって、一見反省しているようだけど勘違いです!

 

現在の私は、失敗した後に「以後気を付けます」というのは大嫌いです。
それだと「気を付けてなかったんか?!」と言いがかりをつけたくなるからです。

 

どうして失敗したのかが分からない失敗ってあるにはありますが、でも大体は失敗する原因があります。はっきりした原因はなくても、思い当たる節があります。

その原因をつぶして、同じ失敗を繰り返さなければ良し。繰り返すようなら別の要因を探す。

 

それを繰り返していけば、失敗も減りますし、失敗が減った事に気が付けば小さな自信に繋がります。

 

ただやっぱり失敗したら周囲の目も気になりますよね。そういう時は自分にこう言い聞かせてください。

 

このミスを活かせるのは、この場所だけ

 

同じような仕事は他にもあるかもしれませんが、手順が違うと微妙に違います。

その失敗が次の仕事場で活かせるとは限らないのです。

 

あ、もちろん今でも失敗はしますよ。

だけど、若い頃のような自己嫌悪の沼にはまりっぱなしではないです。

嘆いて自己嫌悪した後、現状把握、改善、検証をしていくので、気持ちの切り替えは出来るようになりました。

 

もし良ければ、下の過去の記事も読んでみてくださいね

 

www.mihohappy.net

 

 それではまた