私、占い師やねんでぇ

占星術師です。金融占星術も現在研究中。心理学やビジネス書の本など自分が読んだ本の紹介もしています

子育て中に私のインナーチャイルドを意識した時期

mihoです。

 

「子どもを羨ましいと思う親は、親自身のインナーチャイルドが傷んでいる」

 

スピリチュアルを勉強するって、自分自身との対峙なので思ってもない方向から矢が飛んできてグサッと刺さってしまうのですが。

 

これ、私、身に覚えがあります。

 

私は小学校高学年の頃、母子家庭になって、欲しい物も必要な物も欲しいとは言えませんでした。

 

結婚して、優しく真面目な夫に守られて、幸せに専業主婦として子育てをしていました。

夫に愛されて受け容れて貰えて、自己否定感も薄れていました。

 

だけども、娘が小学校高学年から中学校にかけて思ったんです。

 

私はあんなに我慢してたのに、この子はお金の心配もせずに過ごしていられる

いいな、うらやましいな・・・

 

自分では行動には出してないと思ってるのですが、もしかしたらお金を出し渋ったかもしれません。

(都合良く記憶にないんですよね)

 

でもその時に思ったのが、私の母親は子どもにお金を出して上げたくても出来なくて、辛かったろうなって事。

 

私自身はちゃんと母親に愛されて育った自信があります。

母はいつも「あなた達がいるから頑張れる」って言ってくれてましたから。

 

でもそれでもお金が無くて辛かった日々が染み付いている事に自分自身驚いた事を覚えています。