私、占い師やねんでぇ

占星術師です。金融占星術も現在研究中。心理学やビジネス書の本など自分が読んだ本の紹介もしています

これがデジタル遺品か・・・と複雑な気分になりました

 mihoです。

www.mihohappy.net

上記エントリーで 52歳の知り合いの男性の急死について少し触れました。

 

彼とはリアルでは2回しかお会いしておらず、彼の人柄はFaceBookでUPされる記事で知るだけでした。

 

あれっ?と感じたのは、彼のFBのタイムラインに「こんなに早く亡くなられるなんて、お悔やみ申し上げます」と書かれてあった時。

それからその彼を紹介して下さった方がメッセージを送って下さって、彼が本当に亡くなったことを知ったのです。

 

昨日はそんな彼の誕生日を知らせるメールがFBから送られてきました。

 

彼はもうこの世にいないのに・・・。

 

彼のタイムラインを見ると、『お誕生日おめでとうございます』という短文のメッセージが2、3UPされてました。

 

これがデジタル遺品なんだな、と。

 

友達削除するのも何だか忍びなくて、とりあえず『フォローを止める』を選択しました。

 

もし彼が私の恋人なら私はどうしていたのかな?