私、占い師やねんでぇ

占星術師です。金融占星術も現在研究中。心理学やビジネス書の本など自分が読んだ本の紹介もしています

テスト添削を見て、気持ちがちょっと救われたこと。

mihoです。

 

みけまゆみ先生の西洋占星術講座、9月に初級コースが終わり、11月から中級コースが始まりました。

 

で、その間、10月に初級コースのテストを提出したんですが、

そのテストの添削がこの前返ってきました。

 

自分の出生図を観たり、過去に印象深いことが起こった時のホロスコープを観て、解読したりとかするんですが、

 

私、夫の転勤で大阪から東京に引っ越す為に前の職場を辞めたのですが、実は夫の転勤が決まるちょっと前に退職する旨を上司に伝えていたのです。

 

人間関係に疲れたからです

 

はい、もう、普通過ぎてすみません。

 

私を含めて女性社員3人しかいないのに、その2人がいがみ合って冷戦状態。

ずっと耐えてましたが、

ある日(私、何でこの職場にしがみついているんだろう。いいや、辞めちゃえ!)と決断しました。

 

その時の星の配置が、私が読んだ配置以外にもしんどいと思われる配置があったらしく

テストの添削に「これは苦しかったでしょう」と書かれていたんですね。

 

コレハ苦シカッタデショウ

 

この言葉、嬉しかったんです。

 

「夫の転勤」というやむを得ない事由が発生したので良かったのですが、正直、他の2人がいがみ合っているぐらいで仕事辞めるなんてどうなんだろう・・・って思ってたのです。

 

こんな風に心を軽くするような言葉を掛けられる占い師になりたいな・・・。