私、占い師やねんでぇ

占星術師です。金融占星術も現在研究中。心理学やビジネス書の本など自分が読んだ本の紹介もしています

29歳のあなたへ

私がいつも貴女に「まだまだこれからだよ」と声を掛けるのは…単純に「貴女はまだ若い!」と思うだけなのと、そうやって周囲が声を掛けないと、自分の限界を決めつけてしまうから。

 

私の若い頃は女の結婚適齢期をクリスマスケーキに例えるような時代で、やっぱり自分の限界を決め付けていた。

一生懸命空気を読んで、「アレはダメ」「コレもダメ」と思い込んでいた。

 

モウ若クナイカラ…。

 

てまだまだ若いわぁ!!

 

 

35歳になったら、29歳の自分なんて全然若かったと気付く。
いや、若いから自分に自信がなくて傷つきたくなくて諦めていたのかも知れない。

 

周囲の人と自分と比較して落ち込む。

 

自分の持っているものなんて大した事ない。だってこんな私が持ってるんだから。

 

貴女はもうすでに沢山の良いものを持っているんだよ。
それは失くしてから気付くものと言われるもの。

でも失くしてから気付くなんて嫌でしよ?

 

今、手に有る内にその素敵さに気付いて欲しい。

 

インスタのキラキラ女子のトリミングした枠外は実はゴミだらけかもしれないし、テストの答案用紙をガリガリ書いている奴は周囲を威嚇する為だけに音を立てているかも知れない。

 

でもキラキラ女子が幸せだろうか不幸だろうか、今日の貴女の夕飯には関係ない。

今日の夕飯を左右するのは貴女の空腹加減と機嫌次第。誰と一緒にご飯を食べるかも大事かもね。

 

まあ占星術的にも29歳頃って悩みが出てくる頃なのです。

「サターンリターン」といって、生まれた時の位置に再び土星が戻ってくる時期で、自分自身を見つめ直す時期なのです。

 

だからまあ・・・悩むのは当たり前なので、頑張れ。

 

mihoでした。